羽子板
ホーム羽子板破魔弓雛人形五月人形鯉のぼりご注文方法お店案内お問い合わせ

17号 弥生



  トップ > 羽子板 > 17号 弥生

17号 弥生
小さな写真をクリックすると 大きな画像がご覧いただけます。
(画面が切り替わるまで少々お待ちください。)
17号 弥生
 羽子板飾りのなかでも最高級に位置づけられる押し絵羽子板は、製作のほとんどが手作業です。正絹の衣装、手書きのお顔、細糸による髪の表現、そのしなやかで精緻な仕上がりは、最高級と呼ぶにふさわしい出来栄えです。
17号 弥生

 プラスチック製のような簡単な創りではなく、本質にこだわり本物の柘植(つげ)の木を手彫りで仕上げました。気品の高さを演出します。

17号 弥生
17号 弥生
 唐織は、16世紀後半に明の緯錦の技法が伝わり、以来京都西陣の代表的な織物とされています。先染めの糸を用い模様を織り出していくため、糸を染める職人、織機にかけられるように糸を加工する職人、図案を決めて紋図を描く職人など、多くの人間により創られていきます。また、一流の職人になるには長い年月を要し、その多くの匠によるそれぞれの伝統技術と努力が結集し、華麗で豪華な逸品が生み出されます。
 当時は、将軍など限られた人の装束や能装束として用いられ、現代でも能の女役の上着類は見事な唐織を用います。
17号 弥生
銘木栓ケース
 細やかな木目が美しい栓の木素材のケースです。床の間などに用いられる高級天然銘木が端正な気品を演出します。

サイズ:間口37×奥行33×高さ67cm

・手書面相
・小袖唐織之衣装
・本柘植かんざし
・栓製銘木ケース
・カットガラスケース

70,000円(税込)
※送料・代引手数料サービス

※ご注文方法についてはこちら

 

Copyright (C)2007-2008 NIngyono Futabaya. All rights reserved.