人形のフタバ
ホーム羽子板破魔弓雛人形五月人形鯉のぼりご注文方法お店案内お問い合わせ

松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作



  トップ > 雛人形 > 人形のフタバオリジナル > 松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作

小さな写真をクリックすると 大きな画像がご覧いただけます。
(画面が切り替わるまで少々お待ちください。)

作家紹介

小出松寿(こいでしょうじゅ)

小出松寿

 1943年生。大阪府東大阪市在住。
母である初代小出愛(めぐみ)に師事し、人形の教えを受ける。 
昭和48年、二世を継ぎ、松寿と名乗る。
日本人形から市松人形、雛人形へと、様々な人形製作に取り組む。
埼玉県コンクールにて文部大臣賞受賞。
大阪工芸展にて近畿通商産業局長賞受賞。
また日本人形協会節句人形工芸士展にて優秀賞受賞。
その他、数多くのコンクールで入賞。
現在、人形工房松寿の主宰として、新たなる人形製作に情熱を傾けている。

松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作

束熨斗に桜文様(たばのしにさくらもんよう)…
  古典的な束熨斗文様をシンプルに現代的にアレンジしています。熨斗はもともとアワビの肉を薄く剥いで引き延ばし乾燥させた「のしあわび」のことで、紙にはさみ、祝儀の新物に添えられました。延ばすを意味することから、延寿を象徴する吉祥文様です。束ねられた熨斗は、リボンのようで大胆でかつ華やかな構図となっています。摺箔に金彩や刺繍という工芸技術を用いて、熨斗に桜や梅の花が配された可憐で、華やかな衣裳です。

松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
 

 

松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
コードレス(電池式)の雪洞
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
 漆工芸の加飾の技法として、奈良時代からの歴史を誇る『蒔絵』。漆で文様を描き、乾かぬうちに純金箔や純金粉や顔料の粉(色粉)を蒔き、固着させて模様を表します。高度な技法が駆使されて描かれた蒔絵が、佳月作の鎧を気品高く演出します。

松寿雛(束熨斗に桜文様) 小出松寿作
サイズ:間口70×奥行40×高さ35cm

191,200円(税込)
※送料・代引手数料サービス

※ご注文方法についてはこちら

セット

粗品プレゼント

 こちらの雛人形をお買い上げのお客様に粗品をプレゼントさせていただきます。お子様との記念撮影にぜひご利用ください。

▲このページのトップに戻る▲

Copyright (C)2007-2008 NIngyono Futabaya. All rights reserved.